企業沿革
昭和24年 株式会社山野商店設立。製鉱原料集荷販売開始。
株式会社神戸製鋼所の関東地区指定商社に選ばれ業務発展。
昭和35年 山神運輸株式会社設立(資本金200万円)
株式会社神戸製鋼所横浜サービスセンターの鋼材陸上輸送を専属請負。
大黒町営業所を開設。
昭和36年 株式会社神戸製鋼所藤沢工場の原料、製品の輸送並びに構内作業を専属請負。
藤沢営業所開設。
昭和37年 アマティ株式会社横浜工場の原料及び製品の陸上輸送並びに構内諸作業等を専属請負。
昭和40年 株式会社神戸製鋼所市川サービスセンターの稼動と共に需要家への鋼材輸送を請負。
市川営業所(現・船橋支店)開設。
昭和41年 資本金500万円に増資。株式会社神戸製鋼所秦野工場稼動に伴い、梱包等、構内諸作業を請負。
秦野営業所(現・秦野支店)開設。
昭和42年 資本金800万円に増資。
昭和45年 資本金1,400万円に増資。
昭和46年 資本金2,000万円に増資。
昭和47年 神鋼電機株式会社と梱包・輸送業務合理化への協力に付き協定成立、同業務を全面受託。
東京営業所、豊橋営業所、開設。
昭和48年 伊勢営業所、鳥羽出張所開設。
昭和50年 株式会社神戸製鋼所東京人事課の引越貨物の梱包・運送を請負。
昭和53年 横浜市団地運輸協同組合に参加し金沢区幸浦に約7,500平方メートルの土地を取得。
横浜支店を開設。
会社の組織を改め、横浜、船橋、八王子、秦野、豊橋の5支店を設け、各営業所を配して業務の発展に即応する体制をとる。
昭和54年 池内精工株式会社の製品輸送を専属請負。同社構内に出張所を開設。
秦野支店に倉庫(832平方メートル)を建設。
株式会社神戸製鋼所製品等の保管及び輸送請負。
昭和56年 資本金4,000万円に増資。
昭和57年 高藤化成株式会社の梱包、製品倉庫管理(入出庫、在庫管理業務)を専属請負。
同社構内厚木営業所を開設。
昭和59年 秦野支店に倉庫(902平方メートル)を増築。
昭和61年 三宝樹脂工業株式会社の製品倉庫管理(入出庫、在庫管理業務)及び配送業務を専属請負。
同社構内に大阪支店を開設。
池内精工所株式会社の移転に伴い、池内出張所を廃止し、横須賀営業所を新設。
昭和63年 組織を改め藤沢営業所を藤沢支店に昇格。
平成元年 豊橋支店名古屋営業所(倉庫2,380平方メートルと輸送業務)を開設。
平成2年 本社ビル新築。
組織を改め、名古屋営業所を名古屋支店に昇格。
平成3年 船橋支店沼南町営業所を新設。
大阪支店神戸物流センター新設。
平成5年 引越専門協同組合 横浜保土ヶ谷センター開設。
神戸営業所を開設。
平成6年 大阪支店神戸物流センターを廃止し、東大阪物流センターを開設。
資本金6,000万円に増資。
引越専門協同組合 横須賀センターを開設。
平成7年 本社に国際貨物部を開設。
ジャパントランスポートパートナーズシステム(JTP)に加盟しグループ力の強化を図る。
一般建設業(機械器具設置工事業)の免許を取得し機工関係の強化を図る。
平成8年 会社の組織を改め、横浜、船橋、藤沢、秦野、中部、関西の6支店を設け、各営業所を配して
業務の発展に即応する体制をとる。
八王子営業所を厚木営業所に併合する。
平成9年 引越専門協同組合 横須賀センターを閉鎖。
横須賀営業所を閉鎖。
平成13年 引越専門協同組合 宮前小杉センターを開設。
産業廃棄物収集運搬業の免許を取得し産廃業務に進出する。(神奈川県、東京都、千葉県)
厚木営業所を閉鎖。
東大阪営業所を閉鎖。
平成14年 秦野営業所を閉鎖。
平成17年 横浜支店にTEMグループ(テクニカルエンジニアリングメンテナンス)を開設、大型プラントの設計、施工にも進出、同時に一般建設業に(土木工事業、管工事業)業種追加
山神運輸工業に社名変更
平成21年 「エコアクション21」認証取得
平成29年 横浜市中区に本社を移転
Page top